---PR---

     

今年ブレイク間違いなし エロすぎる軟体ハーフ美女 岡田サリオ 最近いないタイプ


出典ameblo.jp

自己紹介

サンズエンタテインメント所属の岡田サリオと申します!
1993年9月28日生まれです!
趣味は、妄想と食べること。
特技は、逆Y字バランスと回し蹴り。
敬語もままならないただのポンコツど新人ですが、どうかお手柔らかに、宜しくお願い致します^ ^

先日、巨乳タレント多数在籍でおなじみの芸能プロダクション、イエローキャブが事業を停止し、自己破産を申請することが明らかになった。イエローキャブと聞いて、“名物社長”野田義治を思い浮かべる人も多いだろう。堀江しのぶ、かとうれいこらを世に送り出した敏腕である。現在はサンズエンタテイメントの会長、68歳にして衰え知らずの審美眼で“いいオンナ”を世に送り出している野田氏だが、いま最も推しているのが、ハーフ美女の岡田サリオだ。

野田義治:このムチッとした肉付きも彼女の魅力なんだなと最近気が付きました。

それでいて顔は、昔のピンナップガールのような雰囲気もあり、どこか懐かしさを感じる、最近いないタイプでなかなかいいかなと思っています。明るく元気で、物怖じしない気持ちのいい性格をしています。

バレエで鍛えた“秘”ップ 初DVDで大胆披露

タイトルも岡田自身が決めたそうで、「“ファーストポジション”とはバレエ用語で、全ての始まりなんです。バレエを始める時に一番最初に習う基本形です。ここから私の第一歩が始まる! という意味合いを込めて付けさせていただきました」

日本人とスペイン系フィリピン人のハーフという美貌で、グラビア界を席巻中の話題の美女だ。クラシックバレエで鍛えたヒップがチャームポイントという、サンズエンタテインメントの野田義治会長(68)の秘蔵っ子。

 昨年11月、常夏のサイパンで行われた撮影で、スラリと伸びた肢体を惜しげもなく披露。極小ビキニ姿で魅力的なヒップを見せつけるセクシーショットに、岡田は「私の褐色の肌と黄色い水着と青い海がマッチしています」とアピールだ。

岡田サリオ:実は結構、恥ずかしがり屋で、肌の露出が多い水着はとっても抵抗があります。でも、グラビアは自分のコンプレックスを克服するためのステップにもなると思ってます。

普通ぽちゃムチって表現は「巨乳」が条件だと思うんですけど、私は“貧乳ムチムチ”というキューピーちゃんみたいなニュータイプとして頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

引用元




-- PR --