台湾に一目惚れし、台湾を拠点にしてしまった行動派女優。 大久保 麻梨子


大久保 麻梨子(おおくぼ まりこ、1984年9月7日 – )は、福岡県出身の女優、元グラビアアイドル。現在は台湾を中心に活動している。

身長 163 cm。スリーサイズ 87 – 55 – 82 cm。カップサイズ F。

2003年 – 2006年まではノイエ、2008年 – 2010年まではA.L.C.Atlantis。台湾に移住してからは遊戲現場→比上傳奇と変遷。現在、OFFICE303に所属(台湾での窓口は鵲兒喜娛樂)。

愛称は女優・キャンペーンガール時代から「マリンちゃん」。中華圏では「MARIKO」及び「麻梨子=マーリーズ」と呼ばれるのが一般的。

1984年9月7日に長崎県佐世保市で誕生。小学校時代は福岡県に住むが、父親の転勤に伴い、兵庫県で神戸女学院大学時代まで過ごす。2003年に神戸市内でスカウトされてデビューした。この時、出身地を「兵庫県」と表記している。

2003年、三洋物産主催の「Sea Story Audition 2003 マリンちゃんを探せ!!」でグランプリに選ばれ、1年間、パチンコ「CR大海物語」のイメージキャラクターを務める。

この間、DVD「Strange Dream」(レアルタ、2003年10月)や、

写真集「Mermaid Line」(竹書房、2003年11月)を出版し、グラビアアイドルとして本格デビュー。

2004年には「日テレジェニック2004」にも選出された。同年にはCDアルバム「『CR新海物語』サウンドコンピレーション Vol.2」(ビクターエンタテインメント)でCDデビューも果たした。

テレビでは、バラエティ番組や単発テレビドラマ「都立水商」(日本テレビ)などへの出演を経て、2006年に「クピドの悪戯 虹玉」(テレビ東京)で連続ドラマ初出演を果たした。

2007年には映画「官能小説」(配給:トルネード・フィルム)で初主演にして初めてのラブシーンを演じている。この頃に所属事務所がネバーランドへ移籍となったが、その際は出身地を「福岡県」としている。

2008年1月、A.L.C.Atlantisに移籍するのに伴い、心機一転「大久保麻理子」へ改名した。2008年限りでグラビアアイドルを引退し、女優への転身を表明している。

2010年、初めて3泊4日の旅行で単身訪れた台湾に一目惚れし、帰りの飛行機内で早々と台湾留学を決意。その半年後には台湾生活を始め中国語を習得、現在は台湾を拠点に日本と中華圏の広告、雑誌、ドラマなどで活躍している。

またさらに、女優業と並行して「台湾アンバサダー」としても活動しており、各種イベントやメディアにおいて日本と台湾の架け橋的存在となっている。

2013年10月、台湾最大のテレビアワード「第48回金鐘奨」にて台湾ドラマ「愛情替声」の演技が評価され、助演女優賞(ショートドラマ部門)を受賞した。

引用元