2015年女優として注目を浴びるグラビアアイドル達がキテる


1.映画「新宿スワン」で大胆な体当たり演技を披露

2009年に「週刊プレイボーイ」とエイベックスの共同企画によるグラビアアイドル発掘オーディションでグランプリを受賞したのを機にデビュー

2015年5月30日公開
監督:園子温
出演:綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介など

「ヤングマガジン」で連載された和久井健氏の同名人気コミックの実写映画化

スカウト会社の幹部に拾われ、スカウトマンとしてのしあがっていく主人公・龍彦(綾野剛)と、ライバル会社のスカウトマンや風俗嬢たちのドラマが繰り広げられる

オープニング土日は、5週連続1位を記録していた『シンデレラ』を抑え、興収・動員ランキング初登場1位を達成

デートムービーとして20代〜30代のカップルを中心に、高校生や大学生の友人同士、原作ファンなど、青春エンタテインメント映画として幅広い客層を動員

ヒットしてるようです。

歌舞伎町の女・梨子役
彼氏のために一方的に尽くすという役どころ

映画『新宿スワン』では、沢尻エリカ、山田優、真野恵里菜らの女優陣が風俗嬢やクラブのママ、キャバクラ嬢を演じているが、ひときわキュートな存在感で注目を集めているのが丸高愛実

スカウト会社幹部の彼女・梨子を演じており、物語のクライマックスで重要な役割を果たす"歌舞伎町の女"を好演

※こんなこともしてました。胸を売りにしてるのか!?

実は、"夜の女がハマり役"と注目されていた

主演、SMAPの木村拓哉によるフジテレビ月9ドラマ

※2015年7月18日、映画が公開予定

常識にとらわれず自らの価値観で犯罪捜査を行う型破りな検事・久利生公平(くりゅうこうへい)を中心に、東京地検城西支部で働く検事とそのサポート役である検察事務官らの活躍を描く同ドラマ

2007年に公開された映画『HERO』は、同年の興収ランキング邦画第1位に輝いた。新旧キャストで臨んだドラマ第2シリーズでも全11回の平均視聴率21.3%を獲得し、話題をさらった

2001年の第1シーズン以降、映画やスペシャル版などが放送される人気作品

丸高さんは、第2シリーズに登場
※この役が、すごく似合っていたそう

2014年の7月クールに放映されたフジ系ドラマ『HERO』の第4話に出演した事がきっかけで認知度が急上昇

キャバ嬢としての演技が、あまりにも自然で違和感がないことから、Twitterなどで称賛の声が上がっている

そして、その後のドラマでは続々と"夜の女”役が続いた

こちらは、2014年10月期月曜ミステリーシアター『SAKURA~事件を聞く女~』よりキャバクラ嬢役で出演
※ブログで報告してました。
http://ameblo.jp/avex-marutaka/entry-11968043778.html

その後(「HERO」の後)、「夜の女役で色んなオファー待ってまーす!」という発言を残していたが、その通りの出演となり話題になっている

『嬢王3~Special Edition~』でキャバクラ嬢、『匿名探偵』でデリヘル嬢、初主演の『ヨメ代行はじめました。』ではガールズバーの店員と、これまで数多くの"夜の女"を演じてきた。

『嬢王3~Special Edition~』(テレビ東京系・2010年)、『匿名探偵』(テレビ朝日系・2012年)、『ヨメ代行はじめました。』(関西テレビ・2013年)

引用元