---PR---

     

小塚桃子だけじゃない…今年グラドルを引退した芸能人


■小塚桃子が芸能界引退

グラビアアイドルの小塚桃子(24)が1日、自身のブログで芸能界から引退することを発表

約2年半のタレント生活にピリオドを打つことについては、「グラビアアイドルでいられたことは私の誇りでもあり、私にとって素晴らしい経験となり、糧となり、自身を成長させてくれました」と表現。

「何か特別な出来事があったからではなくて、両親との約束で24歳を迎えた際に芸能界で売れていなければ『新たな人生の路』を歩むということで“卒業”を決めていました」

ファンに対しては「ブログを通じてコメントしてくれたみんなの愛情は、一つひとつが私の励みになりました」と感謝の気持ちをつづった。

▼今年グラドルを引退した主な芸能人

・桐山瑠衣

2015年1月16日付けで芸能活動を引退。

Iカップバストと大迫力のダイナマイトボディーで人気を博しているグラビアアイドル、桐山瑠衣

1月16日付けで所属事務所との契約を終了、芸能活動を引退することがオフィシャルブログで突如発表

所属事務所だったClaudiaの発表によると、単に契約終了とのみ書かれているだけで、詳細な引退理由については触れられていない。

人気グラドルの突然の引退にショックを隠せないファンたち。活動再開を望む声も少なくない

・山中知恵

10年目の今年引退をTwitter上で発表。3月21日以降公の場に出ていない。

当時10歳だった2005年にジュニアアイドルとしてデビューしてから、今年で10年目を迎える山中知恵。

グラドル10年目を迎える今年まで92枚ものDVDをリリースするなど、"アイドルDVDの女王"の名に恥じない活躍で人気

山中知恵自身は、卒業発表に際して「円満」という言葉を強調しているが、今後の芸能活動については明言されていない。

ファンの一人は?

「本人が第二の人生を歩むと決めた以上は、その気持ちを尊重したいと思う。ただ、今まで自分の支えになっていた存在がいなくなってしまうのはとても悲しい」

・葉加瀬マイ

4月20日にリリースした『覚醒』がDVDがラストとなることを発表。活動拠点を韓国に移した。

2012年2月に発表されたミスFLASH2012で当時史上最年長の24歳でグランプリに輝いた葉加瀬マイ。

11枚目となるDVD『覚醒』を4月20日にリリースした彼女だが、突然このDVDがラストとなることを発表した。

「10年以上、韓国のエンターテイメントに興味があって、韓流ドラマも相当見ました。K-POPもバラエティーも好きです。実は卒業論文も韓国に関して書きました。好きというだけで批判されたりするのですが…。」

「何か役に立つことがあったらと韓国語勉強してきました。本格的に勉強したのはこの1年くらいですが、そのタイミング今かなと思いまして。」

・鈴木千絵里

パソコンを自作するネットゲーム大好きアイドル、鈴木千絵里

4月27日に更新したブログで?

「私は2015年5月31日をもって、8年間お世話になった事務所を退所し、芸能界を引退することになりました。」

引用元


-- PR --
--------------------------------------------------------------



-PR-