大長編ドラえもんに登場するゲストヒロインまとめ


この記事は私がまとめました

hattu53さん

少女型のスパイロボットとして生まれ、人格設定は14から15歳の中学生。
本来は優しい性格だが祖国への忠誠心故に冷静に振舞うものの、のび太やしずかの優しさに戸惑う。
敵であるにもかかわらず自分を献身的に介護するしずかの姿に加えて、のび太達の味方になったピッポ(ジュド)の説得と誤って彼を撃ってしまったことが引き金となり、人間狩りに疑問を呈するという今まで忠誠を誓った祖国に背く行動を取る。
そのため、処刑されることになるが、その直前にザンダクロスに乗るのび太たちに助け出される。

満月牧師の娘。
のび太らが見とれるほどの端整な顔立ちをした美少女。
魔法の腕もかなり高く、絨毯の操縦ではA級ライセンスの持ち主である。
悪魔たちに魔法でネズミの姿にされてしまうが、その後にしずかたちによってネコの姿に変えられる。

天上世界の絶滅動物保護州管理員の女性。
普段は優しい態度をとっているが、グリオと同じく地上人を強く敵視しており、ノア計画が横暴な物であることを承知していても、あくまでも地上人が全面的に悪いと考えている。
しかし、ドラえもん達と行動を共にするうちに、地上人の全てが悪人ばかりではないと、理解を示すようになっていく。

コーヤコーヤ星の開拓民の少女。
ロップルの妹。
のび太にあやとりを教えてもらう。

バウワンコ王国の王女でペコの婚約者。
ダブランダーの手で王宮の奥に軟禁され、ダブランダーの妻になるよう執拗に迫られながらも消息を絶ったペコ(クンタック王子)の生存を信じ、彼の帰還を待ち続けている。
事件解決後はバウワンコ109世となったペコの王妃になった模様。

キャプテン・コルトの娘。
ジャックの姉で、消息を絶った父と弟の身を案じている。
海賊育ちなためか気性が荒く、激しい攻撃的な性格。相手が男であろうが容赦はない。ジャイアンと親しくなる。風呂に困っていたしずかを見兼ねて、タルで作った仮のシャワーを貸してあげたやさしい一面もある。
ドラえもんの道具を遣わずしてジャイアンの歌に素で聞き惚れた特異なキャラクターでもある。最後はジャイアンを非常に気に入ったのか「タケシ、ここに残って一緒に海賊やろう」といったほど。

チッポの従姉妹。
コックローチ団に連れ去られ、人質にとられるが、「ツキの月」を飲み、星の船に乗って潜入したのび太によって救出された。

恐竜人。
バンホーの妹。
地帝国にいる間、のび太たちのガイドを引き受ける。

銀河超特急の乗客。
アストンの友人。
ミッキーマウスのような髪型をした女の子。気が強く口も悪い。
射撃の腕は悪く、誤って標的の代わりに審判を撃ってしまった。ドンと同じく、ヤドリに取り付かれたアストンにはめられる。

妖精を思わせる小さな生物。空を飛べる。リアンの事が好き(本人は「ただの友達」と言っている)で、彼の為なら何でもするという決意を語るシーンがある。調査材料と称してガラクタを集める癖があり、この行動が物語の発端となる。

マヤナ国の少女で、ティオに仕えている。イシュマルの娘。
なお、他の侍女やカカオやモカなどに「クク様」と呼ばれていることから身分の高いことがうかがえる。
ティオを呼び出すためのおとりとして利用するためにレディナの手下ヤフーによって連れ去られてしまうが、のび太達やティオの活躍で救出される。

鳥人の少女。グースケのガールフレンド。
グースケの家の隣に住む勝気な性格の女の子。イカロスレースに参加するが洞窟で羽に蜘蛛の糸が絡まり脱落した。

ロボット王国の女王。ロボットから感情を抜き取る「ロボット改造命令」を下している。
過去の事故で父親(前国王)を亡くしており、その原因が「感情を持つロボットによるミスだ」とデスターに吹き込まれ、ロボットから感情を抜き取る命令を下す。だがポコとの交流によって非情に徹しきれずにおり、二律背反的な精神状態にある。
ドラえもん一行追跡に同行した際、デスターに裏切られて崖から落とされる。そこから「虹の谷」に匿われ、ポコと向き合うことで己の非を理解する。
デスター捕縛後は国民に対し「ロボット改造計画」の廃止を宣言し、没収していた感情(正確には、感情を司る回路)を返還する。

出典bokete.jp

ドラえもんと同じ缶のオイル(ロボット専用オイル)を使用されたため兄妹の関係とされる。なおオイルは分離しており、下半分に沈殿していた良質なオイルを使用して作られたドラミの方が優秀。

性格は真面目でしっかり者。ただし生真面目すぎて融通がきかないところがある。
普段はのび太の曾々孫、セワシのもとに住み込み、彼の世話をしている。
また天才ロボットグループのリーダーであり、宇宙大学の大学院にて文学、哲学、科学などを研究している。
好物はメロンパン、苦手なものはゴキブリ。

引用元