激太りの原因は洗脳だった!元グラドルが共演者の裏切りを告白


この記事は私がまとめました

nobodyelseさん

元グラドル小阪由佳が小阪有花に改名してテレビ出演

小阪由佳はミスマガジン2004でグランプリ受賞。2009年までグラビアアイドルとして活動。
その後、本人のプライベートのブログで、激太りした容姿の写真を掲載し話題になる。
2012年8月にフライデーにて20kgの減量に成功したヌード写真を公開した。
現在は自ら保育園を立ち上げ、保育コンサルなどの事業で活動している。

5月2日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 」に元人気グラドルの小阪有花が登場。人気絶頂で芸能界を引退し、その後激太り騒動を起こした衝撃の裏話を暴露した。

2012年に刊行された自身の著書やインタビューなどで、うつ病で芸能界を引退したことや、失恋した直後などの精神的不安定の時に、知り合いの1人である女性に影響を受け、彼女のアドバイスに従い行ったことを語っている。

引退の理由は女性タレントAの裏切り

今から10年前、芸能界を引退した小阪。その原因の1つは、番組で共演して仲良くなった女性タレントAがきっかけだったという。

ある日Aは小阪のマンションで、もう1人の男性芸能人との飲み会をセッティング。

その姿と飲み会終わりで男性芸能人がマンションから出てきた姿を、まるで熱愛カップルが入れ違いで出てきたように写真週刊誌で紹介されたという。

つまりAは熱愛をねつ造し、週刊誌にネタを売っていたのだとか。これによって小阪は人間不信に陥り、芸能界を引退。

引退後の激太りの理由は「A」による洗脳

洗脳中の小阪は「A」から外部との接触を禁止されていた。
Aのお仕事を無償でやったこともあり、イベントのギャラは『A』が総取りしたという。
Aのゴーストライターもやっていた。

芸能界を辞めたのにも関わらず、これまでの刷り込みで目立つことをしなきゃと思っていたという小阪は、今後の方針をあろうことか自分を週刊誌に売った「A」に相談。

女性から「太れば注目される」とアドバイスされ、バターを乗せたカツカレーを、胃薬を飲みながら食べるなどして、とにかく体重を増やしていた。

暴力を受けたことがきっかけで女性タレント「A」の洗脳から解放され、きっぱりと決別宣言して一方的な支配から抜け出したと説明。

70kg以上太った時点で、小坂はこれ以上は太れないとAに反抗した。するとAに暴力をふるわれ、女性版DVと気付いたという。

今でも芸能界に「A」はいるのか?の質問に、小阪は「ん〜どうだろう?ちょっとわかんないですね。見てはいないです。多分干されちゃったと思います」と、神妙な面持ちでコメントしていた。

ネットの声

#じっくり聞いタロウ
見てるんだけど、#小阪由佳 さん洗脳した女って誰?
別に小坂さんファンじゃなかったけど許せないし気持ち悪い

『王様のブランチ』のリポーターである中村明花と仲が良く、また秋山莉奈、木口亜矢、川村ゆきえ、山崎真実、小林恵美、二宮歩美など数多くのグラビアアイドルと交友がある。

小阪さんて、なんなら、バナ○マンの設○さんと不倫関係で、ボロボロにされて、みたいな噂も出てなかった?
なんか、色々暴露キャラとかも、その洗脳した人の命令だったんだろうな。

#じっくり聞いタロウ

芸能界引退後はネットの噂に苦しめられた

引用元